株式会社プロサスのホームページ
 
  
 トップページ | ご利用に際して | サイトマップ | お問合せ  
 トップページサービス一覧点検・工事防火対象物定期点検>点検内容
 
  概 要
  点検内容
  点検実績
  料金表
  FAQ
  見積依頼

 

点検内容  
  「スプリンクラーや火災報知機を定期点検しているが、これ以外にも点検が必要なの?」「防火対象物点検とは何を点検するの?」などの質問が多く寄せられます。
防火対象物点検は、従来から行われているスプリンクラー設備や自動火災報知設備などの定期点検とは違った、防火管理上の観点から実施する点検です。
実際には次の項目を点検します。
 
 
   
項  目
内  容
 防火管理者の選任  防火管理上の責任者である防火管理者を選任し防火・安全についての管理が
 実施されていること。
 消防計画の作成  防火管理の基となる消防計画を作成し、万が一火災が発生した場合に備え
 自衛消防組織とその役割、日常の防火安全チェック、防火上の教育と避難訓練
 などが実施されていること。
 避難通路の確保  避難する上での経路に障害物がなく、また防火戸も機能すること。
 防炎物品  カーテンなど防炎品の使用又は防炎加工されていること。
 消防用設備等の点検  従来からある消防設備等の点検が実施されていること。
 火を使用する設備・器具
 及び電気設備管理
 厨房設備・ボイラー・給湯器・変電設備・その他(条例で規定されている設備)が
 管理されていること。
 火の使用制限  喫煙・溶接作業・裸火の使用などの使用制限。
 危険物  危険物の貯蔵や取り扱いは適正に行われていること。
 
   
  トップページへ戻る
Copyright(C) Prosus Co.,Ltd All Rights Reserved.