株式会社プロサスのホームページ
 
  
 トップページ | ご利用に際して | サイトマップ | お問合せ  
 トップページサービス一覧点検・工事連結送水管耐圧性能試験耐圧性能点検>点検の流れ
 
  概 要
  サービス詳細
  点検の流れ
  点検実績
  定価表
  FAQ
  見積依頼

 

耐圧性能点検の流れ  
点検手順と内容をご覧ください。  
  ※事前調査 (オプション)
 
  <調査が必要と思われるケース>  
  1.点検対象物の規模が大きい、または建物が複数棟ある
2.配管の経路が複雑
3.点検対象物が非常に古い
 
  <調査で確認する事項>
 
  1.建物の構造、設備概要の把握及び、配管経路
2.道路、交通状況など検査測定車の配置場所
 

不良箇所がない
場合は[1]へ
      事前調査で不良箇所があった場合     
  ※事前改修見積・工事 (オプション)*1
 
  1.事前調査で不良が見つかった場合は、速やかに改修見積を提出します。
2.事故を未然に防ぐ為、不良箇所等の事前改修を行ってから点検を実施します。
 
 
       
  1.耐圧点検の準備
 
  1.点検対象物の関係者と打ち合わせを行い、設備図面を参照して設備概要を把握。
2.検査測定車を配置し、通行人への安全対策(ホースブリッジ等の養生)の実施。
3.送水口、放水口、配管の確認。放水口はバルブが閉まっていることを確認。
4.屋上補助水槽、テスト弁、逆止弁、仕切弁等の確認。
 
 
排水弁の確認 逆止弁・止水弁等の確認
排水弁の確認
逆止弁・止水弁等の確認
通行人への安全対策も万全 屋上放水口に圧力計を設置
通行人への安全対策も万全
屋上放水口に圧力計を設置
 
 
       
  3.耐圧性能試験
 
  1.検査測定車のポンプに異常はないか、また各弁類の開閉位置が適正かを確認。
2.検査測定車から消防ホースを送水口に接続し、ポンプの運転を開始。
3.配管及び弁類の状態を確認しながら、ゆっくりと送水口より送水。
  乾式配管の場合は最上階の放水口を開き充水確認。
  湿式配管の場合で空気抜きが必要と思われる配管の場合は、通常圧力よりやや高
  めの圧力で送水し圧力が上昇したことを確認した後、最上階の放水口にて空気抜き
  を実施します。
4.配管内が充水され、圧力が建物高さの背圧水頭より上昇した事を確認した後、ポン
  プを停止させ漏水の有無を確認。
  大きな漏水が確認された場合は、点検作業を中止し、漏水箇所の調査及び状況の
  確認。少量の漏水については点検対象物の関係者とその後の作業について打ち合
  わせを行います。
5.異常がなければ、ゆっくりと設計送水圧力まで送水口より加圧。
6.送水口の圧力計にて設計送水圧力まで加圧されたことを確認した後ポンプを停止
  し、圧力低下の有無を確認。加圧時間は3分間とします。
7.耐圧性能点検を実施した後、配管内圧を屋上テスト弁又は排水弁等により抜きま
  す。乾式配管についてはできるだけ配管内の水を排水しますが、状況によっては
  排水せずに配管内全体を充水した状態とします。
8.各弁類(補助高架水槽の止水弁、送水口の排水弁等)の開閉位置が適正な状態か
  を確認。
 
 
検査測定車の配置 送水口まで距離があっても対応できます
検査測定車の配置
送水口まで距離があっても対応できます
圧力計の設置 設計送水圧力で加圧
圧力計の設置
設計送水圧力で加圧
 
      不良箇所がある場合
不良箇所がない
場合は[3]へ
  ※改修見積・工事 (オプション)*1
 
  1.不良が見つかった場合は、速やかに改修見積書を提出します。
2.不良箇所の改修及び工事を実施します。
 
       
  ※再耐圧性能試験 (オプション)*1
 
  1.上記3〜5の手順で再耐圧性能試験を行います。
 
       
  4.点検票・点検済証のお渡し
 
  1.有資格者による点検結果報告書(別記様式第20点検票)及び点検済証の発行。
2.郵送にて発送いたします。
 
 
点検済証見本  
点検済証見本
 
*1 事前調査、事前改修、改修工事、再耐圧性能試験はオプションとなりますので、
   別途料金が発生します。
  ページのトップへ トップページへ戻る
Copyright(C) Prosus Co.,Ltd All Rights Reserved.