株式会社プロサスのホームページ
 
  
 トップページ | ご利用に際して | サイトマップ | お問合せ  
 トップページサービス一覧各種システムIG−55消火設備>ここがポイント
 
  監視制御システム
      設計・製造
  サイラスプロ
  防災ラック
      クレニアム
  アルゴナイトミニ
  IG−55消火設備
  はじめに
  組成の意味
  特  長
  2つのタイプ
  消火ガス比較表
  ここがポイント
  設置できる条件
  消火ガス比較表のここがポイント  
 
ポイント1   HFC−23、FM−200には二酸化炭素のそれぞれ9000倍、2050倍の地球温暖化指数があり規制対象でないのは片手落ちです。  
ポイント2   HFC−23、FM−200の熱分解生成物はフッ化水素がハロン1301の
6〜8倍も発生します。 フッ化水素はガラスも腐食する過激な物質です。
 
ポイント3   消火ガスの中で空気より軽いのは窒素ガスだけです。  
ポイント4   HFC−23、FM−200、二酸化炭素は大気中で分解されるのに長時間かかります。  
ポイント5   アルゴンを混合することによって窒素だけの場合より約20%ボンベ本数が少なくてすみます。  
ポイント6   イナージェンは呼吸の促進を目的に二酸化炭素8%を含むため0.08の温暖化係数があります。消火と関わりのない呼吸の促進ということの為だけに二酸化炭素を大気中に放出することは時代の流れに逆らうものです。  
 
 
戻る  次へ
 
  トップページへ戻る
Copyright(C) Prosus Co.,Ltd All Rights Reserved.