株式会社プロサスのホームページ
 
  
 トップページ | ご利用に際して | サイトマップ | お問合せ  
 トップページサービス一覧各種システムサイラスプロ>動作のしくみ
 
  監視制御システム
      設計・製造
  サイラスプロ
  はじめに
  検知性能1
  検知性能2
  検知性能3
  動作のしくみ
  ネットワーク
  用  途
  仕  様
  防災ラック
       クレニアム
  アルゴナイトミニ
  IG−55消火設備
  動作のしくみ  
 
  監視対象物が1/2発火点温度を超えると空気中に熱分解微粒子の放出が開始されます。
この熱分解微粒子は拡散又は気流の流れによってサンプリングヘッドに到達します。
サンプリング管を通じサイラス本体内のブロアによって本体内へ吸引されます。吸引された熱分解微粒子を含む空気は加湿されクラウドチャンバー内で圧縮、断熱膨張させます。このことにより等価的に温度が低下した状態となり熱分解微粒子を核に霧が発生し、光学的検知が可能となります。
 
 
     
   
     
 
戻る  次へ
 
  トップページへ戻る
Copyright(C) Prosus Co.,Ltd All Rights Reserved.